本文へスキップ
ホーム 学校長より 学校概要
年間行事
系列説明
教育課程
保護者の皆様へ 部活動 学校行事
教育活動
ボランティア活動 推薦入学
一般入学
進路情報
取得資格
中学校の皆さまへ
瀬戸北農園について

瀬戸北高校が普通科から総合学科となって2年目の2010 年、卒業生・PTAの方のご協力で、西の三角地帯に「農園」が誕生しました。農園が始まったH22年度は200株の苗から1000個以上のさつまいもを収穫することができました。

 農園3年目を迎えたH24年度、昨年度の経験と反省を生かし先輩方の想いをつなげていけるよう、総合学科3回生(現2年生)が今年も全力でさつまいもの植え付けから調理までの実習を行います。応援よろしくお願いします。

授業内容

 自分たちが食べているものの何を知っているだろうか。

エネルギーや栄養素、選び方に調理法、保存方法や消化吸収の仕方、当たり前にそこにある食べ物のその後を知る前に、「食べ物のそれまで」を知ってもらいたい。

いつも当たり前に目の前にある食べ物が、どれだけの人の想いや労力のうえにて私たちの目の前に辿りついているか。私たちが生きていくための「いのち」のいただき方を全身で感じてもらいたい。

対象授業  2年フードデザイン(生活科学系列、福祉理解系列)
農園実習
年間予定

05月  石灰20kg散布

06月  畝作り・苗植え

07月  追肥

08月  つる返し 2回

11月  収穫・調理実習

12月  献立作成・次年度へ向けての土作り

01月  レシピ集作成

活動日誌
【畝作り(6月初旬)】

縦5m×横20mに耕された畝
耕運機でおおよそ区切られた仕切りを頼りに
クワを使い、畝を作っていきます。

人生で初めてクワを持つという生徒たちもいます。
耕すためのクワではなく、畝作りなど高さを必要としない作業に使うクワ。
「膝より高くには上げないこと」注意点のひとつです。

まずは作業するための通路を確保しながら、畝を高くしていきます。畝を固めながら作業を進めます。

農業の恵みにもなるが、時に壁にもなる雨。昨年度は大雨で畝が崩れるなどの壁にぶち当たりました。手前から奥(雨水を流す水路)へ向かって傾斜をつけて通路を作っていきます。

【苗植え(6初旬)】

畝が完成したら、苗植えです。「さつまいも」の苗植えの注意点を特別講師の教頭先生より指導をいただき、いよいよ苗植え開始です。
斜めに奥深く。根の広がりが窮屈にならないように、葉が十分に広がるように、そして何よりたくさんの実をつけてもらえるように愛情をたっぷりと。

一つの畝には9本の苗を。45cmずつのスペースを空けて、苗を植えていきます。
ここから毎日のさつまいもの観察が始まります。虫と草と日差しと雨との戦いの日々です。自然が時には大きく目の前に立ちはだかります。最後まで愛情を注ぎ、収穫を迎えてほしいと思います。収穫まで約6カ月。さてここからが本番です。

【生長状況】
当番制で毎日水やりをします。植えたばかりのさつまいもの赤ちゃんはまえだうまく水を吸い上げることが出来ないのでたっぷりと。植えてから1週間くらいは元気がなくて枯れないか心配でしたが、毎日お世話しているうちに元気になってきました。
観察日誌も毎日つけます。当番さんの仕事は@水やりをするA観察日誌を書くB雑草を抜くC苗の様子と自分たちがお世話している写真をとるという4つです。雨が降っても水やり以外は行い、さつまいもの成長を記録します。さらに愛情を注ぐため、一部のさつまいもに名前をつけてみました。どんな風に成長していくか楽しみです。
夏休みには蔓返しをします。夏休みに入ってから成長が著しいので、8月上旬と下旬の2回行いました。蔓は「ツル」と読みます。蔓返しとは蔓の途中から根が張って、芋の養分が取られるのを防ぐため、蔓をひっくり返すことです。実はかなりの重労働ですが当番さんと教頭先生に手伝って頂き、無事終了しました。
待ちに待った収穫です。まずは農園一面に生い茂ったさつまいもの蔓を鎌で刈り取っていきます。全部刈り取ったらさつまいもを傷つけないよう、慎重に土を掘っていきます。冬まで保存しなくてはいけないので、みんなが「傷つけない」「途中で折らない」ことに気をつけて、楽しく収穫しました。
約2時間かけて芋掘り終了です。こんなにたくさん収穫できました。左の写真の芋の量は1クラス分です。4クラス分収穫したので、写真の4倍の芋を収穫することができました。一番大きい芋は2キロもありました。名前をつけたお芋がMVPだったので、お芋にもみんなの愛情が伝わったのかなと思います。調理実習で自分たちの育てたさつまいもを食べるのが楽しみです。