1.台風時における生徒の登校について


1.生徒の登校する以前に、本校の所在地である尾張東部(名古屋市、瀬戸市、春日井市、犬山市、小牧市、
  尾張旭市、豊明市、日進市、東郷町、長久手市)のいずれかに暴風警報が発表された場合。


(1) 始業時刻2時間前 ( 午前6時35分 ) までに警報が解除された場合は、平常通り授業を行う。

(2) 始業時刻2時間前 ( 午前6時35分 ) から午前11時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を
    経てから、当日の授業を始める。

(3) 午前11時を過ぎて後警報が解除されるか、または引き続き解除されない場合は、当日の授業を中止する。



  上記に限らず、居住地の市町村に暴風警報が発表された場合や交通機関の途絶、道路、橋の崩壊等で危
  険な場合は登校しなくてよい。ただしその旨を必ず担任に連絡すること。

2.生徒の登校後に、尾張東部のいずれかに暴風警報が発表された場合。

(1) 台風の中心位置、進行速度方向、発表時における気象状況等により判断して、全生徒を安全に帰宅させ得
    ると認めた場合には、当日の授業を中止して速やかに下校させる。

(2) 学校より遠隔に居住する生徒の帰宅は困難と認めるか、すでに戸外の通行は危険と認める場合には、当該
    生徒を戸外通行の危険がなくなるまで、学校に残す。学校に残して生徒は校内の最も安全な場所に集める。

 

 

 

 

2.暴風特別警報・大雨特別警報について



1.登校以前に尾張東部のいずれかに暴風特別警報や大雨特別警報が発表された場合は、解除されても授業
  を行わずその日は休校とする。
  上記に限らず、居住地の市町村に暴風特別警報や大雨特別警報が発表された場合は登校しなくてよい。
  ただしその旨を必ず生徒に連絡すること。

2.登校後に尾張東部のいずれかに暴風特別警報や大雨特別警報が発表された場合は、解除されてもその日
  の授業を中止する。また、状況に応じて校内に留め置いたり、保護者への引き渡しを行う。


(生徒手帳p19,20抜粋)
(H25.10.16改訂)

PC用ホームページへ